妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法を紹介しています。

妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法

男性の妊娠させる力は低下していく

読了までの目安時間:約 4分

男性の精子は卵子とは違って老化はしないです。しかし男性の妊娠させる力にも加齢による弊害はしっかりとあります。ただ男性の妊娠させる力の低下の原因は加齢だけではないです。体調不良や生活不摂生によっても低下する可能性があります。

男性の妊娠させる力には精子の運動率精子の数などいくつかの重要な要因があります。

基本的なことですがしっかりと内容を理解しておくと、妊活の情報を見た際にも理解度もあがると思います。

男性の精子の運動率の低下に注意

2015y09m10d_212829532男性の精子の運動率とは、精子の尾部の動きの活動度合いのことをいいます。

男性の精子の運動率が高いと、それだけ女性の卵子と出会う確率は高くなっていきます。定義としては射精から2時間以内で前進運動50%ほどが正常だといわれています。

そもそも精子の運動率の低下にはどのような原因があるのでしょうか。加齢も運動率低下の原因の一つですが他にも色々な運動率低下の原因があります。

例えば、喫煙なども運動率低下の原因の一つだと言われています。また同じ人間でもその時の体調によってかなり幅があるので、1度の検査で運動率が50%以下だったとしてもそこまで落ち込むことはないです。

精子の数を減少させないことも大事

syujutu精子の運動率も大事なことですが、それと同じくらい精子の数も大事になってきます。精子の数そのものが少ないと、それだけ受精させる確率が低くなってしまいます。

正常な精子の数は2000万以上/1ml自然妊娠には4000万以上/1mlが必要だといわれています。

精子を減少させないようにするには普段の生活から気をつけるようにすることが大事になってきます。

具体的には精巣を温め過ぎないようにすることや、栄養をしっかりと摂取しておくことが大事になってきます。

夫婦で妊活をする際には、2人の食生活や睡眠などの生活の不順をしっかりと直しておくことが大事になってきます。

男性の妊娠させる力は普段の生活習慣から直そう!

2015y09m23d_154037528男性としては妊娠させる力が低下していると聞くと、多くの男性が結構ショックを受ける人が多いです。

やはり男性としての役割が果たせないのではないかと思うと不安になるのは無理のないことだと思います。

ただこういったことは普段の生活習慣の見直しをするだけでも自然に改善することが期待できるので、そこまで不安になることはないと思います。

また生活習慣を見直すことが妊活になるだけでなく、それが自分の健康にもつながるので積極的に行うようにするといいです。

しかしパートナーとタイミングを合わせてもなかなか妊娠しないような場合や、自分の男性機能がどうなのかと気になった場合には、一度「精液検査」を含めた診察を受けておくようにするといいです。

診察を受ける際に、パートナーと一緒の場合には婦人科で受診ができますが、一人で受診する場合には、泌尿器科を受診するのがいいと思います。

男性の場合は一人で婦人科に行くことに抵抗を感じる人もいると思うので、泌尿器科の方が行きやすいという人も多いと思います。

また泌尿器科なら男性医師も多いと思いますので相談しやすいのではないでしょうか。

妊活サプリランキングはこちら   妊活サプリ比較ランキング

 

妊活男性情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る