妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法を紹介しています。

妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法

妊活食事の献立作りのコツ

読了までの目安時間:約 5分

妊娠するための妊活での食事は非常に大事ですが、その際の献立作りに苦労する人も多いのではないでしょうか。

 

妊娠力アップのためには食事が大事だというのは当然ですが、その際の献立には頭を悩ませている人が多いです。

 

妊娠するための食事の献立作りでは「妊娠するための栄養素」を考えながら献立を作る必要があり、それを毎日のように考えるとなると頭がパンクしそうになると言う人がいるのも無理のない話だと思います。

 

当サイトでも妊活で妊娠するために必要な栄養素と、摂取に注意が必要な食品などについて説明しており、それらを全部加味して献立を考えるとなると大変だと思います。

 

しかし難しく考えなくても妊娠するための妊活食事の献立は簡単に作ることができます。

 

料理が苦手な人でも対応できるような簡単な方法なのでまずはチャレンジして見てはどうでしょうか。

 

では具体的にどのようにすれば簡単に妊娠するための妊活食事の献立は出来るのでしょうか?

 

妊娠するための妊活食事の献立は一汁三菜

ryouri妊娠するための妊活食事の献立では難しく考えないで、毎食一汁三菜を整えれば、それだけで栄養素が揃って「妊新力アップの献立」になりますので試してみてください。

 

一汁三菜とは簡単に言うと主食に汁物とおかずという形で、定食の形を思い描くと分かりやすいのではないでしょうか。

 

定食というと和食を思い浮かべる人も多いかもしれないですが、中華や洋食も基本的には同じになります。

 

よく身体にいい献立パターンとして昔から一汁三菜と言われていますので、こういった基本的な部分を抑えておくようにするといいのかもしれないですね。

 

下記で一汁三菜について説明してるので参考にしてください。

妊娠するための妊活食事の献立の一汁

misosiru妊娠するための妊活食事の献立で必ず入れて欲しいのが一杯の汁物になります。

 

具体的にはお味噌汁やお吸い物、スープなどになっており、身体を温めるのに最適な妊活では積極的に摂取していきたいものです。

 

野菜をたっぷり入れた具沢山の一汁にしてみてはどうでしょうか。食べやすく美味しくて妊活の食事にはピッタリだと思います!

妊娠するための妊活食事の献立の主食

gohan妊娠するための妊活食事の献立の主食は、ご飯やパン、パスタなどになります。

 

炭水化物はエネルギーに変わるので、太るからという理由で控えすぎると身体が冷えてしまうので妊活では逆効果になる可能性があります。

 

炭水化物も適度に摂取するようにしましょう。

 

白米よりも玄米や胚芽米や雑穀米などにすると太りにくくなり、さらにミネラルや食物繊維、ビタミンも摂取することができます。

 

パンの場合も白いパンよりは色の濃いものを選ぶようにするといいので参考にしてみてください。

妊娠するための妊活食事の献立の主菜

sakanaryouri妊娠するための妊活食事の献立での主菜は、大切なたんぱく質がたっぷりと摂取できるメインディッシュになります。

 

具体的には肉や魚、大豆製品などになります。

 

妊活ではこのメインディッシュはかならず毎食気にするようにするといいです。

 

ここのバリエーションが豊かになると妊活での食生活も大分違ってくるかもしれないですね。

妊娠するための妊活食事の献立の副菜

nimono妊娠するための妊活食事の献立での副菜は、おひたしや煮物、サラダなどになります。野菜中心のおかずになります。

 

妊活での食事では生野菜よりは温野菜などのサラダの方が身体を冷やさずに栄養を取れるのでオススメです。

 

この副菜はビタミンやミネラル、食物繊維の摂取源になっているので少量でも2皿くらいあるといいかもしれないですね。

 

このような感じで妊活のための一汁三菜の食事の献立を考えてみてはどうでしょうか。

 

合わせて当サイトで載せているお勧めの栄養素などのも参考にしながら献立の参考にするといいかもしれないですね。

妊活サプリランキングはこちら   妊活サプリ比較ランキング

 

妊活の食事や食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る