妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法を紹介しています。

妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法

妊活で糖分の摂取し過ぎると妊娠しにくくなる

読了までの目安時間:約 4分

妊活で食生活については色々な情報がありますが、その中でも糖分や糖質の摂取のし過ぎには注意が日宇町です。

 

カロリーや脂質の取りすぎと合わせて妊娠しにくい身体になる可能性があります。

 

糖分や糖質の血液中の増減が色々な病気に大きく関わっていることも分かっているので、妊活をするならこういった糖質についてしっかりと理解しておくといいと思います。

 

「糖」は砂糖や白米、イモ類などに多く含まれており、血糖値を上昇させる効果があります。

 

糖質について上記のような説明がされると何となく糖質は悪者だと思われがちですが、実際には違います。

 

脳の唯一の栄養であるブドウ糖は糖質で非常に大事なものです。ただ現代人は糖質の摂取量が多い傾向にあります。

 

そのため妊娠しやすい体作りをするためにはちょっとだけ糖質を制限するようにすると効果的です。

 

糖質が太る原因と言われる理由とは?

tusitu糖質を摂取しすぎるとよく太ると言われていますが、どういった仕組みで太ると言われているのでしょうか。

 

身体に入った糖質は血液中に流れるのですが、糖質が高ければ高いほど急激に血液に流れるようになります。

 

そうすると血糖値が一気に急上昇して、身体がエネルギーとして処理しきれないようになってしまって、それが脂肪へと変わっていってしまいます。これが糖質が太ると言われる仕組みになります。

 

また糖質を過剰摂取し続けていると、血糖値のコントロールがうまくできなくなってしまって、糖質を取りすぎているのに「低血糖」と診断されることがあります。

 

血糖値を下げるのはインスリンというホルモンが担っているのですが、インスリンの手に負えないような事態になってしまうと血糖値を上げたらいいのか下げればいいのか混乱を起こすようになります。

 

血糖値がコントロールできないと、肥満だけでなく糖尿病を含めた色々な生活習慣病が発症しやすくなります。

 

さらに妊娠しにくくなるということもわかっています。

糖質を制限するして妊娠しやすくする簡単な方法とは?

genmai糖質の摂取のし過ぎには上記のように生活習慣病や糖尿病、肥満や妊娠しにくい身体になるという問題があります。

 

実際にちょっと話題になった「糖質制限ダイエット」などの炭水化物を減らして糖質を限りなく少なくするというダイエット方法が話題になったことからも糖質の重要性は理解できるのではないでしょうか。

 

ちなみに糖質制限ダイエットは糖尿病患者の食事方法から考えられた方法になります。

 

妊娠しやすい体作りではここまでやる必要はないので安心してください。

 

糖質を一切排除するというのは不自然ですし栄養バランスが崩れるのでオススメはできないです。

 

またお米や砂糖は生きていくためには必要なもので、日本人としては米がない生活はかなりしんどいものです。

 

そこで意外と簡単に取り組めるのが、家のご飯を玄米にしたり、砂糖をてんさい糖などに替えることです。

 

実際に玄米は身体に良いということでお米から切り替えている人も結構多く、血糖値の急激な上昇を抑えることができるのでかなりいいと思います。

 

妊活を機会にお米を玄米に切り替えてみるのもいいのではないでしょうか。

妊活サプリランキングはこちら   妊活サプリ比較ランキング

 

妊活の生活習慣   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る