妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法を紹介しています。

妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法

妊活で妊娠するための食生活のポイント

読了までの目安時間:約 5分

妊娠しやすい体作りをするためいは食事や食生活に工夫が必要がになってきます。

 

妊活では食事は基本的な部分ですがちょっとした工夫やポイントを抑えるだけでもかなり違ってくるので試してみてはどうでしょうか。

 

妊活と食事について興味のある人はいると思いますが、これを食べると妊娠するという食べ物は残念ながらないです。

 

まあ、食べるだけで妊娠するような食べ物があったら病院に行ってまで妊活する人なんていないで当然と言えば当然ですけどね。

 

ただ食事は血液や身体を作る元になるものなので、軽視することのできないポイントになってきます。

 

そこでここでは妊活の食生活に必要なポイントについて解説しようと思います。

 

夫婦で同じものを食べると妊娠しやすくなる!

syokuzii夫婦で同じものを食べると妊娠しやすくなるなんて何となく眉唾的な感じもしますが、意外と根拠があったりもします。

 

男女別の必要な栄養素や食事について説明しましたが、それとは別に一緒のものを食べるという習慣は大事なものです。

 

昔の夫婦はほとんど一緒にご飯を食べるのが習慣で、お昼ご飯は別々でも弁当などで同じで食べるものはほとんど一緒でした。

 

ちなみに男女別の妊活の食事習慣については下記をご覧ください。

 

女性の妊活食生活はこちら

男性の妊活食生活はこちら

 

現代では共働きの夫婦が増えてきており、弁当を作る時間も減ってきているので、夜遅くまで仕事をする夫婦も多いです。

 

またコンビに弁当はもちろんですが外食産業が充実しており、個人で色々なものを選択できるようになって来ました。

 

そのため夫婦で毎日違うものを食べているというのはもはや普通のことになってきています。

 

栄養をしっかりと摂取することも大事ですが、それと同時に夫婦の波長を合わせることも大事なポイントになってきます。

 

伝統的な食養生という考え方では夫婦で血が似通うことで妊娠しやすくなると言われています。

 

伝統的な考え方ということで大きな根拠はよく分かりませんが、それまでの経験からという考えから統計的な観点で信じていいと思います。

 

夫婦で同じものを食べたり、一緒に食事するなどライフスタイルを一致させることでコミュニケーションも取れるので、夫婦での食事はメリットが大きいです。

添加物を控えて加工食品はできるだけ避けよう!

innsutannto現代では色々な食品があって、素材にこだわったものや無農薬の野菜なども沢山ありますが、現代人は仕事などで忙しいので、つい手間がなくなってしまって、簡単に作れてしまう加工食品を選びがちです。

 

弁当や惣菜などは24時間すぐに手に入れることができるので、頻繁に食べていると言う人も多いのではないでしょうか。

 

ただコンビニやスーパーなどの弁当を見ると、あきらかに野菜が足りてなかったり、揚げ物ばかりなど、栄養面では疑問が残るものが多いです。

 

また食品表示を見ると添加物が使用されているものも多いと思います。

 

添加物は自然界にはない人工的に作られたもので、身体にいいものはほぼないです。添加物が身体に良くないというのは何となく理解している人も多いのではないでしょうか。

 

妊娠しやすい体つくりという観点からも添加物や、添加物が含まれている加工品は避けて欲しいものです。

 

また妊娠した後のことも考えると添加物による危険はさらにアップします。

 

外食や惣菜などの、できあいものをまったく食べないのは不可能だと思いますが、生まれてくる子供のことも考えて妊活の時点でできるだけ添加物を避けるという意識は持っておくようにするといいのではないでしょうか。

妊活サプリランキングはこちら   妊活サプリ比較ランキング

 

妊活の生活習慣   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る