妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法を紹介しています。

妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法

妊活でのお酒は男性は適量・女性は控えたほうがいい

読了までの目安時間:約 4分

妊活中のお酒やアルコールなどについてどのように対応すればいいのか気になる人もいるのではないでしょうか。

 

男性の場合だと仕事の付き合いなどでお酒を飲むことはあると思います。そこで妊活での男性と女性のお酒とに付き合い方について説明しています。

 

基本的には妊活中の男女にはお酒やアルコールは控えて欲しいものですが、妊娠するまでの間、男女でまったくお酒を飲んではいけないということでもないです。

 

特に男性の場合は性欲が抑制されるくらいの深酒をしないようにすれば問題ないです。そのため仕事などに付き合いでの飲み会などは参加しても大丈夫です。

 

ただ女性の場合の妊活中ではできるだけアルコールを減らしていって、妊娠するまでには飲まないようにしたほうがいいです。

 

そもそも妊娠中にはアルコールは控えたほうがいいので、妊活中からもできるだけお酒は止めておいた方がいいと思います。

 

アルコールが好きな人は妊活中にどうやって抑える?

osakeお酒が好きな人の場合だと、単純にお酒やアルコールを控えてくださいといわれてもなかなかそれが難しいと言う人も多いのではないでしょうか。

 

そういった場合には、少しずつ飲むお酒の種類を変えていくようにすると取り組みやすいと思います。

 

例えば、糖質の高いビールから糖質オフのお酒に変えてみたりアルコール度数の低いものを飲むなどして工夫していくといいとおもいます。

 

近年では健康志向でこのような糖質オフのお酒なども充実してきているので取り組みやすくなっていると思います。

 

女性の場合は身体を冷やすお酒も避けるようにしたほうがいいので、ビールやロックのお酒よりは、ワインなどをゆっくりと少量楽しむようにするのがいいかもしれないです。

 

男性はお酒はそこまで控える必要はないですが、妊活で禁酒を頑張っている奥さんの前でお酒を楽しんで飲むのは気が引けると思うので、男性もできるだけ協力していくようにしましょう。

ノンアルコールビールやハーブワインなどもある!

osakejosei妊活中の女性でも飲めるようになっているアルコールは現在ではあります。

 

ノンアルコールビールやハーブワインやシードルなどはアルコール度数が低いので妊娠前の女性がたしなむ程度に飲んでも問題ないです。

 

これらのアルコールを適度に楽しむことで、ストレスを溜めないことにもつながり、夫婦のコミュニケーションにもなります。

 

とは言ってもいくらアルコール度数が低いからと言って、どんどんお酒を飲んでいいというものではないので勘違いしないようにしましょう。

 

あくまでも控えるためのコツとしてお酒の選び方を話しているということです。

 

女性の場合は妊娠するまでお酒は飲まないのが一番いいです。

 

妊活するまでに毎日飲んでいたという人も妊娠したらどちらにせよ禁酒する必要があるので、できるだけ早めに禁酒の準備をするようにしたほうがいいです。

 

またそれまでに禁酒によるストレスの発散方法なども自分なりにしっかりと見つけておくようにするといいと思います。

 

妊活期間中は妊娠してから生活習慣の準備段階として取り組むようにするといいのではないでしょうか。

妊活サプリランキングはこちら   妊活サプリ比較ランキング

 

妊活の食事や食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る