妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法を紹介しています。

妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法

不妊治療は男女で何歳までに取り組めばいい?

読了までの目安時間:約 6分

不妊治療をしようとする際に、女性だけに不妊の原因があると考えるのは間違いです。少し前までは女性のみに原因があるというイメージが強く婦人系の病気が最初に疑われました。

 

女性の生殖系疾患の多くは複雑で難しいものが多いので無理のない話ですが、実際に統計上では男女においての不妊の原因はどうなっているのでしょうか。

 

男女間での不妊原因については結構認識に誤解があることが多いんですよね。

 

そこで実際の男女の不妊原因の割合を下記で載せているので参考にしてください。

 

男女間での不妊の原因統計

 

・女性のみに原因がある 約40%

・男性のみに原因がある 約30%

・男女両方に原因がある 約20%

 

このような感じで統計的に見ると男性にも原因がある場合が約半数近くあることが分かると思います。

 

つまり不妊治療を行う場合は、女性だけでなく男性も受診するのが望ましいです。

 

海外だと夫婦で受診するのが一般的ですが、日本では女性だけが受診するケースが圧倒的に多いみたいです。

 

最近では男性の不妊治療への意識が少しづつ変わってきて、男性の受診も増えてきていますが、まだそこまで意識は高くないといわれています。

 

不妊治療は検査から始まる

2015y07m26d_223302450

不妊治療に取り組む際には、まずは不妊の原因を探るために検査を行います。

 

女性は検査項目が10項目以上あり、結構大変なんですが、男性のほうは2項目程度の検査しかないです。

 

たった2項目の検査なので不妊治療では男性も一緒に検査を受けるといいと思います。

 

不妊治療は検査から始まるので、男性は検査の負担も小さいのでまずはしっかりと正しい検査から受けるようにするといいと思います。

不妊治療に取り組むのは何歳から?

2015y09m29d_221501012不妊治療に取り組む理由は、子供が欲しいからという理由以外にはないです。

 

妊娠はいつか自然にするものだと思っていると、いつの間にか年齢を重ねてしまって、妊娠しにくい身体になってしまっているということを頭に入れる必要があります。

 

そのため不妊治療はできるだけ早く取り組むのに間違いはないです。

 

女性の妊娠適齢期は20歳から34歳なので、その適齢年齢を超える35歳以上になると妊娠しにくいだけでなくリスクも増えるので、妊娠適齢期を超えたら夫婦で話し合って不妊治療を受けるようにするといいです。

 

お互いの気持ちを確かめて、絶対に子供が欲しいと思ったら早い段階で受診して、不妊検査や不妊治療を受けるようにするといいです。

 

また夫婦で具体的なスケジュールなども話しておくといいかもしれないですね。

 

できれば子供が欲しいという気持ちなら、自然妊娠やタイミング療法などを利用して妊活するのもいいと思います。

 

妊活をするまにはまずは、夫婦でしっかりと意思統一しておくことが大事になってきます。

 

事前にしっかりと話し合っておくことで、ブレない妊活をすることができます。

不妊治療は出来るだけ早めに行おう!

2016y02m11d_161414285不妊治療を行う場合でも年齢によって成功率は大きく違ってきます。

 

女性の妊娠適齢期は34歳ですが、35歳以降でも1年1年妊娠率は変化していきます。

 

つまり同じ不妊治療をするにしても35歳で行うとの36歳で行うのとでは成功率に差が出てくるということです。

 

30代前半で不妊治療を始めるのと、30代後半で不妊治療を始めるのとでは大きく妊娠率が違ってきます。

 

具体的に体外受精という不妊治療の統計データを見ると、32歳から徐々に成功率は下がっていって36歳までは1歳ごとに成功率が下がっていって、37歳以降だと1年に成功率が2%づつ下がっていきます。

 

参照:体外受精についてはこちらを参照してください。

 

さらに40歳になると体外受精の成功率は30代前半と比較して半分になり、40歳以上になると流産率は30代前半と比べると4倍にもなります。

 

こうしてデータで見ても、どれだけ早く不妊治療を受診したほうがいいのか分かるのではないでしょうか。

 

1歳でも早く受診することによって妊娠する確率が大きく違ってくるので、まずは一度婦人科を訪れて、かかりつけの医師を確保しておくようにしましょう。

妊活サプリランキングはこちら   妊活サプリ比較ランキング

 

不妊治療情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る