妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法を紹介しています。

妊活や不妊治療で妊娠しやすくなる方法

タイミング療法で妊娠しない場合の成功させるコツ

読了までの目安時間:約 4分

不妊治療のタイミング療法で何回で妊娠したのか、妊娠しない人は気になっている人が多いのではないでしょうか。

 

タイミング療法は不妊治療の中でも一番基本的な方法で、もっとも身体への負担が小さいので、年齢にもよりますが基本的にはタイミング療法から不妊治療を行うケースが多いです。

 

不妊治療で一番基本的なタイミング療法ですが、このタイミング療法のポイントになってくるのが夫婦関係になります。

 

タイミング療法で女性の方は案外すんなりと「妊娠しやすい日」というのはがわかって計画的に考えることができますが、男性の場合には「この日」と決められてしまうと作業のように感じるだけでなく、性欲も抑制されしまってプレッシャーがかかり成功しない可能性があります。

 

男性の射精については気持ちの面があり、女性にはわからない部分なので強制されると気持ちが萎えてしまうという感情は理解できます。

 

実際にタイミング療法にって「妊娠しやすい日」にしなくてはいけないとストレスを感じるあまり、いざということに勃起不全になってしまったり、「この日には家に帰りたくない…」といったノイローゼ気味になってしまうことも珍しくないです。

 

タイミング療法で妊娠しないケースの特徴とは

2015y09m23d_160011699タイミング療法の場合には女性よりも男性の心のケアが結構大事になってきます。

 

女性は出産年齢が気になってしまって、早くしないとと焦ってしまって男性を責め立ててしまう傾向が出てきてしまいますが、そうなると本来2人で頑張っていくはずの妊活も上手くいかないです。

 

それどころか妊活によって夫婦の間に険悪な空気が漂うことにもなりかねないです。そうなると妊娠しないどころではなくなってしまうので注意が必要です。

 

男性としても不妊治療の一環としてのセックスに慣れてないので、性欲や気持ちが萎えやすくなるというのは無理のない話です。

 

タイミング療法ではそこまで気負わずに、普段のセックスで多少「妊娠しやすい日」というのの意識するようにするといいです。

 

むしろ男性には「妊娠しやすい日」を知らさずに、女性の方からさりげなくセックスに誘導するようにした方がタイミング療法は成功しやすいように思います。

タイミング療法で妊娠するためのコツとは

2015y08m09d_215401956妊活のタイミング療法は人工授精や体外受精に比べると取り組みやすくリスクも小さい方法ですが、夫婦の共同作業という部分が非常に大きい不妊治療になります。

 

そのため夫婦お互いの関係が非常に大事になってくる不妊治療になります。

 

特に男性がプレッシャーに弱いタイプの人の場合だと「妊娠しやすい日」を主張するのはかえって逆効果になる可能性があるので、上手にエスコートしていくような工夫があるといいと思います。

 

このタイミング療法で妊娠するためのコツは男性にプレッシャーを与えて萎えさせないようにすることです。

 

タイミング療法で妊娠できたとしても、このタイミング療法で夫婦仲が険悪になってしまっては赤ちゃんが可哀想です。

 

このタイミング療法で妊娠するためには男性にプレッシャーを与えない、女性のコントロール術がものを言うようになります。

妊活サプリランキングはこちら   妊活サプリ比較ランキング

 

不妊治療病院   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る